2016年10月22日

飛び去るオスプレイ

PA223005a.jpg

 明日の自衛隊観閲式で在日米軍のオスプレイの祝賀飛行があるという噂は本当だった。観閲式の前日である今日、我が家の目前を飛んで行くV−22オスプレイ。
 試験機のX−22以来何十年も掛けて開発された夢の垂直離着陸機が飛ぶ姿を初めて目撃した航空機ファンとしての感動がある一方、政治問題の渦中にありその運用が沖縄の人々を苦しめるているのだという問題意識から複雑な思いでその飛行を見送った。観閲式にオスプレイを呼ぶこと自体が政治色の強いパフォーマンスに過ぎる。

▼目標ロックオン!!
blogram投票ボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

  ↑
 おおっ なんとブログ村「ミリタリー人気ランキング」で(瞬間的に)ランキング1位に! 
 応援いただいたみなさまありがとうございます。m(__)m
スクリーンショットmiri1.png

posted by カノッチ at 16:40| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
問題のオスプレイですか〜!(゚∀゚)
航空機ファンから見れば、垂直離着陸機は昔から期待や
夢の乗り物でしたから、飛ぶ姿は興味深々ですね。
これが政治も絡むもので無かったら素直に喜べるものなので
しょうけどね〜!
Posted by プリティ・カフェ・チューリップ at 2016年10月22日 22:41
本番には、オスプレイが来たんですか。
見たかったな、残念(>_<)
昨年の、総火演(の終了後)にも来たのですが
その時には、もう席を立っていたしな〜。

オスプレイ、私は機会が有る度に露出していいと思っています。
政治を絡まして、シンボル化させているのは、どちらかというと左方向からの声ではないかと思います。
チヌークに比較して、運用の幅がぐっと広がる事を考えると、必要な選択だったんではないでしょうか。
Posted by メバル所長 at 2016年10月23日 15:25
冬もようには変わりありませんが雪の気配は過ぎたようでほっとしています。しかし身震いするくらいの寒さです。

あれだけ問題になったオスプレーを何故日本の基地に配属するのでしょうかねー。喝)
Posted by 荒野鷹虎 at 2016年10月23日 21:22
メバル所長さま

オスプレイ、好きか嫌いかで言えば好きです。しかし、信頼性が不十分な機体を過去に幾度も墜落事故を起こしている人口密集地の普天間で使用するのは住民に与える不安が大きい。ヘリパッド建設のごり押しでもダーティーなイメージ。遠征を目的とした米海兵隊には適合した装備であっても日本に導入するには費用対効果で考えると購入は疑問視せざるを得ない、アパッチ同様購入打ち切りになってしまうような機です。特殊作戦機としてせいぜい少数必要というところ。必要な防衛装備というより、尖閣問題で米国に日本に都合の良いコメントをしてもらうために決めた購入だったり、整備施設を誘致して防衛産業を振興させる目的だったり、熊本地震ではオスプレイの好感度を上げるためにその到着まで自衛隊のヘリの出動を遅らせる市街を利用した非人道的な演出があったりと、政治色がすっかりついてしまいました。祝賀飛行に使用する機に選定されたのもおそらくは日本政府からの依頼なのでしょう。もちろんそこには国民に対する政治的なメッセージが込められているはずです。人それぞれではあるでしょうが、私としてはオスプレイが日本の空を飛ぶことをとても手放しで喜ぶ気にはなれないのです。
Posted by カノッチ at 2016年10月25日 09:36
荒野鷹虎さま

遠征目的の米海兵隊には必要かつ重要な装備です。これまでCH−46というロートル機で長年我慢してきた海兵隊がオスプレイを手放せるわけがありません、米海兵隊とオスプレイは一体のものと言ってもよいでしょう。オスプレイ配備を止めるには海兵隊に出て行ってもらうしかないと思います。
Posted by カノッチ at 2016年10月25日 09:46
プリティ・カフェ・チューリップ様

おっしゃる通りと思います。そもそも論から言えば、軍用機の要らない世界であるべきで、オスプレイには救難機や民間機として離島を繋ぐなどで活躍して欲しいですね。
Posted by カノッチ at 2016年10月25日 09:52
日々訓練に励む自衛隊の姿は頼もしいですね。自衛隊には今後も国を守る要であってほしいと思います。
政治色云々に関しては自分もメバル所長さんと同意見です。
Posted by at 2016年10月25日 12:29
こんばんはです。^±^ノ

ライオンのグータッチ、かわいい名前の番組ですね。^±^
見たことはありませんが、見てみたいです。^±^
熱血といえば、松岡修造選手は怖そうです。^±^;
昔、何かでやってたなあ。小学生のテニスを教育する番組で。
子供はしくしく泣きだすし。^±^
錦織選手も泣かされたと言ってましたね。
Posted by てくっぺ at 2016年10月25日 20:42
あ、申し訳ありません。
上のコラムのコメントでした。^±^;
上のコラムではエラーが出て書けなかったので、もう一度こちらからご挨拶&お詫びしますね。x±x
Posted by てくっぺ at 2016年10月25日 20:43
at様

自衛隊にはますます頑張ってもらいたいですね。
しかしオスプレイのこととなると、やはり政治的と断定せざるを得ません。住民の不安に左のレッテル張りはおかしいです。右の人も左の人も頭上から飛行機が落ちてきて自分や親しい人が亡くなるのは嫌なはずです。
まして自衛隊・防衛省からの実用上の要求ではなく首相のトップダウンで決まった購入。実用上は、速度の違いから戦闘機も戦闘ヘリもオスプレイに的確な護衛ができないのです。半値で買えるCH47の購入の方が遥かに合理的です。オスプレイを買えば米国が日本寄り発言を中国に対しかましてくれるほうが防衛期の節約になり合理的という考え方もあるかもしれませんが。
Posted by カノッチ at 2016年10月26日 12:39
てくっぺ様

お気遣いありがとうございます。
松岡修造のマスツーマンレッスンは大人にとっても怖そうですね。(^O^)
Posted by カノッチ at 2016年10月26日 12:41
再び、こちらからこんばんはです。^±^ノ

松岡さん、怖いですよ。
こちらまで怖さが伝わります。^±^;
とにかく熱血すぎです。^±^;
「男たちの旅路」の鶴田浩二さんほどではありませんですが。^±^;
なにしろ、水谷豊さんが吹っ飛ぶほど強烈なびんたをくらわしてたからなあ。^±^;
Posted by てくっぺ at 2017年02月07日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: