2016年01月21日

初フライパス! F−22ラプター

P1202630a.jpg

 怪鳥の鳴き声のような聞きなれないソニックブームが耳に届いた。F−18の音じゃないな、とするとF−15か? 我が家上空をF−15がフライパスするのは珍しい。これは是非写真に納めねばと一眼レフを手にベランダに立つと翼端を切り落したデルタ翼をした戦闘機が目に見えた。
 やっぱりイーグルだ。と思いながら望遠レンズ・ファインダーを通して見えた機体に驚いた。
 F−22ラプターだ。
 横田基地祭でもないのになぜ今この空に?!
 ともかく機体が遠く消えるまでシャッターを押し続ける。
 ラプター(猛禽)の名が付けられたのは怪鳥の声のような騒音から連想されたのかもしれない。
 北朝鮮けん制のためにF−22が横田基地に派遣されたニュースを知ったのはその後だった。
posted by カノッチ at 21:33| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪掻きで死んでまぅ〜
Posted by みゆきん at 2016年01月23日 16:01
我が家上空はグリーン4と言う航空路になっていますが、F-22の機影は見た事が有りません。飛行場近くではスピードも落としているので撮影しやすいですね。空自がロールアウトさせた純国産戦闘機F-3の原型の様に見えます。バーチカルスタビ&ラダーはF-18ですね。W 飛行性能はそこそこの性能が得られそうですが、武器システムの高度化が望まれます。
Posted by ゴチ at 2016年01月23日 21:35
みゆきんさま

連日の雪かきお疲れさまです。
Posted by カノッチ at 2016年01月24日 11:48
ゴチさま

爆撃機ならともかく戦闘機なのに強力な外交プレゼンスがあるというのがF−22の凄いところですね。F−3が実用化すれば日本の外交も変わる?
Posted by カノッチ at 2016年01月24日 12:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。