2014年10月31日

橋の無いところに橋を架け,大型車も楽々渡せる91式戦車橋

P1110374a.jpg

 91式戦車橋は、言わば走る橋だ。
 橋の無いところに20メートルの橋を僅か5分で掛けることができる。この橋は丈夫で重量50トンにもなる90式戦車も通行させることができる。
 91式戦車橋以前にも67式戦車橋というものがあったが、約40トンの74式戦車とそれより軽い61式戦車までしか通過させることができず(そう採用年式から分かるように61式戦車に合わせて開発されたのだ)、当時最新の90式戦車には対応できなかったことから新規に開発されることになった。
 しかし現在最新鋭の10式戦車なら40トン程度なので67式戦車橋でも渡せる可能性がある。旧型ながら67式戦車橋も退役させずにとっておいても良かったのではないだろうか。もっとも67式戦車橋は正式採用から47年も経っており、ちゃんと動くものか怪しかったかもしれないし、そもそも4両しか作られなかったからあまり本気で使うつもりはなかったのかもしれない。
 ちなみに91式戦車橋は20両以上が作られており、地震や台風などの災害で橋が壊れた時などの災害出動でも役に立ってくれそうだ。
posted by カノッチ at 23:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国が自衛隊機によるスクランブルを止めるよう日本に要求

PB038936a.jpg

 ロイターによると、中国は30日、自衛隊機による中国機に向けたスクランブル発進を止めるよう日本に要求した。国防省報道官が記者会見で述べた。
 中国防衛省の発表によれば、自衛隊機による中国機向け緊急発進は7〜9月は103回で、周辺国からスクランブルを受けた回数全体の半分以上を占めたとしている。
 中国国防省の報道官は「中日間の航空の安全性に問題が生じかねない。このような誤った手法を停止するよう日本に要求する」と述べた、としている。

 読んだとたんに失笑してしまうようなニュースだ。
【続きを読む】
posted by カノッチ at 11:31| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。