2014年10月25日

96式多目的誘導弾システム

P1110364a.jpg

 「96式多目的誘導弾システム」。対戦車、対舟艇、その他の車両の破壊を目的としたミサイル。
 ミサイルが捉えた画像を光ファイバーを通して後方に送り、操作員はその画像を見ながら目標に誘導することができる。
 射程は公表されていないが10キロ以上と言われており、従来の対戦車ミサイルとは異なり遠方の陣地から目標を攻撃することができる。戦車などと直接相対すること無く攻撃が可能なため高い生存性を持っている。
 写真に写っているのは発射機のみで、実際には発射機の他、地上誘導装置、射撃指揮装置、情報処理装置、装填機、観測機材の6両で1セットとなっている。
 発射機のコンテナには6発のミサイルが装填されており、全弾撃ち尽くした後は装填機によりコンテナごと交換する。
 数々の優れた点がある半面、かなり高価なため装備数を増やせないのがデメリットだろう。37セットのみの配備ではさすがに少ないと思う。 
posted by カノッチ at 20:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。